Event is FINISHED

【7/1(土)】和歌山県を本気でオモシロがる人達の集い #01 -デザイン、空き家活用、ゲストハウス、複業…という働き方とは?

Description
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
"和歌山県を本気でオモシロがる人達の集い"

和歌山県では、今年、和歌山での暮らしを楽しむ
『わかやまスタイル』なゲストを大阪にお呼びし
「なぜ、わかやまで働き暮らすのか」について
ちょっと探ってみるイベントを実施します。

2017年、現在の和歌山。
あなたも、一緒にオモシロがってみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和歌山県は、これまで18才の人口流出率が
全国1位という記録を持っていました。

学生時代に、地元を離れてしまう人も多い。
けれど、大阪を中心とした関西エリアから
ちょっと遊びに和歌山へという方は少なくありません。

さらに深く和歌山に注目してみると
実は、いま、若い人達が続々と地域に引っ越し
自分らしい仕事をつくり、地域に集まる場が生まれ
新しい『わかやまスタイル』が動き始めています。

今回、そんな「和歌山を本気でオモシロがる」をテーマに
ユニークなゲストを大阪にお呼びして
トークセッション&交流会を開催します!

新たな「和歌山」と「ライフスタイル」を紡ぐ
交流イベント。是非お越しください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▶︎Special guest

岩倉 昂史 (Iwakura Takashi) / 古座川町在住
株式会社Kozacara 代表取締役
株式会社あがらと 取締役

1993年大阪狭山市生まれ。
北海道、京都をへて和歌山に移住。

和歌山県2位の面積にも関わらず
人口3000人に満たない町、古座川町で
株式会社Kozacaraを創業。

「古座地方から新しい価値をつくっていく」をコンセプトに
プランニングから媒体の制作まで行うデザイン会社。
旅館やジビエ、水産業、農業や加工食品
観光業、商店、行政などの仕事を手がける。

メインの事業の他に田舎シェアハウスなどの
自社プロジェクトや新規事業の創出
町のイベントの企画お手伝いまで幅広い活動をしている。
現在、自社プロジェクトを通して2年間で
20代8名の移住と1年のお試し移住を4人を達成。

※和歌山県の移住者起業補助金を活用!

移住者起業補助金とは
和歌山県では、移住推進地域に市町村の支援を受け移住した
60歳未満で、10年以上の定住意思と「起業」の意思がある方に
最大100万円の補助金を交付する制度を準備しています

▶︎株式会社Kozacara
http://kozacara.com/

------

楠部 睦美 (Kusube Mutsumi) / 有田川町在住
ゲストハウスもらいもん オーナー

1987年有田川町生まれ。
みかん農家の次女として幼少時から自然に囲まれ育つ。

大学時代、京都府丹後地方にて
村おこしを行うチームに出会い、活動に携わった経験から
自身の故郷である和歌山県有田川町を見直すきっかけとなる。

大学卒業後、愛知県の建築会社に入社、
営業職を4年間務めアパート建築
マンションリノベーションを数多く提案。

その後退職して有田川町にUターン。
近所の家が空き家になったことをきっかけに
ゲストハウスをオープンさせようとリノベを実施。
現在は、地域の資源を活かしたプランづくりや
女性たちのコミュニティ”有田川女子会”を運営している。

▶︎有田川女子会 UP Girls
https://www.facebook.com/aridagawaupgirls

------

中村 文雄 (Nakamura Fumio) / 田辺市在住
(株)中村工務店 取締役 / LLPタモリ舎 代表
ゲストハウス・シェアハウス併設複合施設『the CUE』

1985年田辺市生まれ。3兄弟末っ子。
平成21年、首都圏での不動産会社勤務を経て
父親の代から続く工務店を3兄弟で継ぐために帰省。
普段は大工として、公共事業や木造住宅を中心に施工。

地域の課題である空き家、市街地の衰退などを
目の当たりにし「大好きな地元は若い世代で守る」を胸に
昨年10月、メンバー5人で田辺を守るタモリ舎発足。

「中心市街地にかつての賑わいを」をコンセプトに 県内随一の繁華街「味光路」の裏にある築80年の古民家をリノベーション中。 カフェ・ゲストハウス・シェアハウス・パブリックガーデンを 複合的に備えたHoso back yard houseとして今春オープン。

▶︎ゲストハウス・シェアハウス併設複合施設『the CUE』
https://camp-fire.jp/projects/view/21864
※クラウドファンディングサイト

------

▶︎ナビゲーター
小泉 博史
和歌山移住計画 / 和歌山経済新聞
本屋プラグ / コワーキングスペースCONCENT

1981年埼玉県生まれ。大学時代は、京都で学生運動をかじりながら 三条京阪ブックオフに入り浸る日々。 地元でサラリーマンをしていた2010年正月、中学からの親友に和歌山県へと誘われ その正月に引いたおみくじの「西の方よし」を信じて移住。 和歌山市では「まちづくり」が社会課題になっていることを知り そのためのファシリテーションと場づくりに興味を持つ。 2013年から、数名の仲間と一緒にコワーキングスペース シェアオフィス、メディア事業(和歌山経済新聞)などを始める。 2014年、食とイベントをテーマにしたコミュニティスペース 「シェアキッチンPLUG」を立ち上げその管理人となる。 2017年3月から本屋の事業をスタート。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●日時
2017年7月1日(土) 13:00-16:00 (12:30開場)

●場所
ハローライフ
大阪府大阪市西区靱本町1丁目16−14
http://hellolife.jp/

●アクセス方法
 地下鉄四つ橋線「本町駅」
 28番出口から約400m

●定員:30名(先着順)  

●参加申込み:同ページより

●参加費:無料 

●プログラムスケジュール
12:30 受付開始
13:00 はじまりの挨拶 / チェックイン
13:15 ゲストトーク&トークセッション

14:15 休憩

14:30 グループセッション

15:30 全体共有 / チェックアウト
16:00 終了 / 交流タイム

※希望者のみ、終了後に食事会へ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●問合せ先
運営事務局(担当:東、林) 
MAIL:wakayamaijyu2017@gmail.com

和歌山県 企画部 地域振興局 移住定住推進課
TEL:073-441-2930 / FAX:073-441-2939
MAIL:e0222001@pref.wakayama.lg.jp
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【主催】和歌山県
【企画運営】ココロマチ、ローカルキャリアカフェ

同イベント企画は、わかやま移住プロモーション事業の
一環として開催しております。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#250939 2017-06-01 08:58:39
Sat Jul 1, 2017
1:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
ハローライフ
Tickets
参加チケット(無料) FULL
キャンセル待ちチケット(3日前に最終連絡) FULL
Venue Address
大阪府大阪市西区靱本町1丁目16−14 Japan
Directions
地下鉄四つ橋線「本町駅」
28番出口から約400m
Organizer
わかやま定住サポートセンター
352 Followers